人材育成・新人教育のコンサルティング ブレッシングからのお便り

資料請求・申し込み・お問い合わせ お見積もりは無料です お気軽にお問い合わせください 営業時間10:00~19:00(平日のみ)メールは24時間受付

小さな変化で職場環境は大きく変えられる 人材育成コンサルティング

ブレッシングからのお便り

 

人生は冒険だ。わくわく思うためには、ただ一つのことを決めるだけ

2015年10月 2日 CONTENTS:

私生活でも仕事でも、私達は下草を刈る作業に追われるあまり、

間違ったジャングルにいても気がつかないことがあります。


なぜそんなことが起きるのか。

それは、ビジョンや明確な目的地がないらです。

ビジョンも目的地もなければ、日々、目の前に起きたことを対処していくのみです。

どうなりたいのか
どう生きていきたいのか
どう死んでいきたいのか

ここが無かれば、間違ったジャングルに入り、生き方を迷い続けてしまいます。

私達に必要なのは、
はっきりとしたビジョン、明確な目的地です。

目的地が、

人に喜ばれ、笑顔を見ること。
あたなのこれまでの経験を伝え残し、人の役に立つこと。
研修講師として活躍すること。

など、100人いれば100通りの目的地があります。
f:id:hachikuboyaeko:20151003095944j:image
繰り返しになりますが、

目的地を持たないで、進む方向は定まりません。
このような状況では自分の人生がブレたまま過ぎていきます。
そして年月を重ねても、またこう思うのです。

このままでいいのかな。
私は何がやりたいんだろう。
自分らしくってなんだろう。
人生がつまらない。・・・と。
目的地を持つことは、死ぬときに自分の人生はこうだったと言えることを作ることです。
 

目的地さえ決まれば、スピードが速くなり主体的になります。
そこにたどり着くまでに、
何をいつまでに、どのように、いくら稼ぎたいのかなどが決まり、なりたい自分になります。
 

そう、このBlogを書いている私も目的地が決まったから、何を今やるのかがとても明確です。
そして心が晴れやかで、人生を冒険している気持ちでわくわくしています。

 

「笑顔で自分らしく生きていきたい」

共感できる方は、講師養成講座クリックしてご覧ください。

 

 
 
 
 
 
 

障がい者の働き方について

2015年10月 1日 CONTENTS:

昨夜、経営陣で障がい者の就労支援について会議が行われました。


テーマは、

地域とともに生きる中小企業だからこそできる取り組みを

〜障がい者支援の現在を考え、未来を切り開く〜


このテーマをもとに、来年フォーラムを開催し、多くの中小企業の経営者に

インターシップを取り入れてもらおうという企画です。


大手企業は、当たり前になりつつある障がい者雇用。私も大手企業の中で働いているときは、

社内の誰かがその環境を作り、当たり前に共に働くと思ってました。


しかし、中小企業経営者の仲間入りを果たした今だからこそわかるのです。

会社を発展させていくことに日々走り続け障がい者雇用の事まで手が回らないということも。


経営陣からよくこんな言葉を聞きます。

『会社を発展させていくには応援してくれる人がたくさん必要だよ』と。

私は、障がいをもった人だろうと、そうじゃない人だろうと垣根はない。

自社の特性と相手の個性がマッチし、両想いになれば、経営陣がよく言う言葉のように

応援してくれる人が増えるよね、と思っています。


私は、障がい者雇用に向けての受入研修を実施し、

企業に

『あっ、たったこれだけ気をつけるだけなんだ!』

『こんなに正確に仕事をしてもらえるんだ!』

『難しく考えすぎていたなぁー』


と、ハードルを低くまずはインターシップから初めてみよう!と

行動に移してもらえればと思っています。


これから作り上げる"障がい者雇用に向けての受入研修"


障がい者雇用枠で就労した経験を持ち、双方の課題意識をもっている方。
さらには、自分の経験を伝えることで、人の役に立ちたいと思っている方。

研修講師として活躍したい人とお会いし、未来を切り開いていきたいと思っています。

f:id:hachikuboyaeko:20151001080649j:image