人材育成・新人教育のコンサルティング ブレッシングからのお便り

資料請求・申し込み・お問い合わせ お見積もりは無料です お気軽にお問い合わせください 営業時間10:00~19:00(平日のみ)メールは24時間受付

小さな変化で職場環境は大きく変えられる 人材育成コンサルティング

ブレッシングからのお便り

記事一覧

売り場づくりと接客スキル

2014年8月29日 CONTENTS:

当社では小売・接客業界の企業様に対するコンサルティング事業も行っています。

その中でも特に多いお問い合わせは「売れるトークを教えてほしい」というものです。

当社ではセールススキルアップ研修というタイトルで、
よりお客様を惹きつけ、より多く商品を購入していただくことを
目指した研修プログラムもご提供しております。


ですが、即売れるための研修と言うのは、正直、難題ではあります・・・。

そこで一つ、今まであった事例の中でも、多く見落とされがちな点をご紹介したいと思います。

結論から申し上げると「売り場と接客が連動していない」ことが多いのです。

売り場は非常にきれいに作られているものの、
接客スキルに不足があるケースが非常に多く感じられます。

なかなか声を掛けられない、声を掛けても中々盛り上がらない、説明がわかりにくい、などなど・・・

こういったトーク力の弱さの要因は言った何なのでしょうか?


一つ考えられるのは、「売り場に頼りすぎている」、

言い換えれば「売り場に商品の販売を任せてしまっている」

ということがあるのではないでしょうか。

もちろん、売り場づくりの重要性はご存知の通りです。

見やすく、わかりやすく、清潔な売り場。
きれいに整頓されたディスプレイ。
細かく説明が施されたPOP。

完成された売り場は、お客様の購買意欲を向上させることは間違いありません。

ですが、思い返してみたいのは、売り場が完成されているあまり、

接客を怠り、POPに商品説明を任せっきりになっていないか、ということです。

売り場づくり、ディスプレイはあくまで接客の一助と考えなければなりません。

今までにない技術をもった商品や、コンビニに並んでいるような最寄品であれば

指名買いが期待できますが、アパレル商品など競争が激しく、市場が飽和している業界については、

その特徴や性能、効果、メリット、利用シーンなどを口頭で説明する必要があるからです。

POPにそうした情報を記載することもできますが、その情報量には限りがあります。

ディスプレイ、POPにはあくまでスッキリと触りの情報のみを記載し、

あとは口頭の接客でフォローする。

こうした考え方でディスプレイをすることで、売り場と連動した接客が可能になってきます。

販売は、見た目だけでも、口頭だけでもできません。

その双方を活かした販売方法が必要です。

気付きの得方

2014年8月21日 CONTENTS:

受講生から、嬉しいお言葉をいただきました。

♥ 研修を受け、自分の行動がすべてだと思います。

    この研修を活かすのも自分次第。未来を創るのも自分だということを学びました。

♥ 繰返し研修内容を振り返らないと忘れてしまいます。

    日々の仕事の中で必ずある場面ばかりなので、普段から意識していきます。

    部下の成長は上司の成長、上司の成長は部下の成長ですので今後が楽しみです。

♥ 研修=面倒と思っていましたが、そんな思いとはうって変わり、

    研修がある日はとても楽しみで、日々が楽しくなりました。

    皆さんと一体になる研修は初めてでした。

♥ 研修も勉強も話す側と聞く側の気持ちが一致しないと効果がないと思います。

    聞きたい気持ちをより引き立たせていただける研修だったので、

    もう一度、何回でも受けたいと思っています。

などなど、他にも向上心が感じられる沢山のお言葉をいただきました。


学ぶことは、本や教科書に向かって勉強するだけでは足りないのです。


振返り→講義→討議→ロープレ


これを繰返すことで、「気付きを得る」ことができます。


「気付く」


これがとても大切なことです。


1  2  3  4  5

最後